認定農業者制度について

(1)認定農業者

認定農業者制度とは、効率的かつ安定的な農業経営を目指す農業者が作成した、「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を町長が認定する制度です。認定するにあたり、その計画が町の「基本構想」に照らし適切なものであるかを判断します。認定を受けた農業者は「認定農業者」となり、経営所得安定対策等の交付金や、低金利資金の融資の対象となります。計画の有効期間は、認定日から5年間で、期間内に計画を変更することもできます。

 

(2)認定新規就農者

新たに農業経営を始める方や就農してから5年未満の農業者は、「青年等就農計画」を作成し町長の認定を受けることで、「認定新規就農者」となります。これにより、農業次世代人材投資事業の補助を受けることができます。計画の有効期間は、認定日から5年間です。ただし、就農後に計画を作成し認定を受けた場合は、経営を開始した日から5年後が有効期間となります。

 

(3)計画が認定されるまでにかかる標準的な処理期間の設定

農業経営基盤強化促進法の基本要綱が改正され、市町村は、「農業経営改善計画」、「青年等就農計画」が認定されるまでにかかる標準的な処理期間の目安をホームページ等で公表することとなりました。

※本町は、標準的な処理期間を1ヶ月と定めます。