費用の支払い


要介護認定を受けた方が介護保険のサービスを利用するには、どのようなサービスをどれくらい利用するかをまとめた介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、ケアプランに基づいてサービスを利用します。

要介護1から要介護5と認定された方が、在宅での介護サービスを利用する場合、居宅介護支援事業者にケアプランの作成を依頼し、ケアプランを作成します。

要支援1・2と認定された方が、在宅での介護予防サービスを利用する場合、地域包括支援センター介護予防支援事業所に介護予防のケアプランの作成を依頼し、ケアプランを作成します。

利用者は、在宅でサービスを受ける場合、要介護度に応じて使える金額の範囲内(表1)で介護支援専門員の助言を受けて心身の状態、家庭の状況などに適したサービスを選ぶことができます。

なお、介護サービスの計画作成には、利用者負担はありません。

在宅サービスの支給限度額(表1)

要介護状態区分 1か月の支給限度額
要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

利用料の負担

介護保険からサービスを受けた時は、原則かかった費用の1割から3割を負担していただきます。

また、施設に入所した場合の負担額は、次のとおりです。

・介護サービス費用の1割から3割

・理美容などの日常生活費など(全額利用者負担)

・居住費、食費(全額利用者負担ですが、表2の所得段階に応じて負担限度額が設定されます)

  所得段階(表2)

第1段階

世帯全員が住民税非課税で、老齢福祉年金を受給している方

生活保護を受けている方

第2段階

世帯全員が住民税非課税であって、合計所得金額+課税年金収入が80万円以下の方

第3段階

世帯全員が住民税非課税であって、利用者負担第2段階に該当しない方

第4段階

本人は住民税非課税だが、同じ世帯に住民税課税者がいる方

住民税を課税されている方

※ただし、減免を受けられる方は預貯金額が単身で1,000万円以下、夫婦で2,000万円以下の世帯に限ります。(申請時にお持ちの貯金通帳をすべて提出いただくことになります)

 

居住費と食費の水準額(日額)(表3)

                                ※(  )内は介護老人福祉施設

利用者負担段階

ユニット型個室

ユニット型

個室的多床室

従来型個室

多床室

第1段階

820円

490円

320円

(490円)

0円

第2段階

820円

490円

420円

(490円)

370円

第3段階

1,310円

1,310円

820円

(1,310円)

370円

第4段階

1,970円

1,640円

1,150円

(1,640円)

370円

(840円)


高額介護サービス費

同じ月内に利用したサービスの利用者負担の合計額(同じ世帯に複数の利用者がいる場合は世帯合計額)が、利用者負担の上限を超えた場合、申請により、超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。

対象となる方については、毎月給付実績が確定した段階で、町から申請の勧奨通知を送付します。


利用者負担の上限(月額) 

利用者負担段階

利用者負担上限額

第1段階

15,000円

第2段階

15,000円(個人)

24,600円(世帯)

第3段階

44,000円

第4段階

44,000円

(注)食費、居住費、日常生活費などは含まれません。


障害者控除について

65歳以上で介護保険の要介護1から5に認定されている方(要支援1・2は該当しません)は、「障害者(特別障害者)控除対象者認定書」の交付を受けることができます。

1月中旬に福祉保健課介護保険係から要介護1から5に認定されているご本人の居住地にお送りいたします。

それ以前の交付をご要望される方は福祉保健課介護保険係までご連絡願います。


問い合わせ先 訓子府町福祉保健課介護保険係
  住所   〒099-1498 訓子府町東町398番地
  電話   0157-47-5555
  FAX   0157-47-5556
  メール   fukushi@town.kunneppu.hokkaido.jp

カテゴリ名