図書館条例・規則

訓子府町図書館資料収集方針


(昭和61年4月1日制定)

1.目的

 この方針は、訓子府町図書館が、町民の資料要求に基づき、情報提供機能の充実に向けて、資料収集の適正化と効率化を図るために必要な項目を定めるものである。

2.基本方針

(1)町民の図書館として、その役割を果たすため、各分野にわたる必要な資料を広範囲に収集する。

(2)資料の種類は、図書ほか、逐次刊行物、パンフレットなどの印刷物を主体とする。

(3)資料の収集に当たっては、町民の要求、読書傾向、予約状況さらに出版状況などを勘案し、公共図書館として、年齢、性別、職業を問わずあらゆる階層の利用者に対応できる蔵書構成に務める。また、配分予算の適正な執行をはかり、購入のみならず寄贈、寄託、編入、複製などの手段を活用する。

(4)資料選択は、次の各項によって行う。

 1・あらゆる思想、信条、学説、宗派に対して、自由かつ公平に行う。

 2・人権を侵害する恐れのある資料は慎重に採否を決定する。

 3・著者、発行所、内容、書誌的価値、形態、価格などを充分に検討する。

 4・寄贈資料は購入資料と同じ基準で行う。不必要な複本は加えない。

 5・地域資料は、利用度の高いもの、読書会用テキストなどについては、複本を考慮する。

 6・資料収集にあたっては、別に定める各部門別収集方針により行う。

(5)蔵書の更新(補充)は、次の各項によって行う。

 1・資料の内容が古くなったものは、より新しい内容のものに更新する。

 2・汚破損、亡失等によるものは原則として補充する。ただし、次のものは補充しない。

  ア.内容が古くなり、保存の必要が認められないもの。

  イ.他の蔵書資料によって代替できるもの。

  ウ.複本があり、利用度が特に高くないもの。

3.各部門別収集方針

(1)一般書

 中学生後期以上の一般成人を対象とし、一般教養、調査研究、実用、娯楽などに必要な資料で、基礎的なものから専門的なものまで、幅広く収集する。

 1・新刊書を優先し、内容を検討のうえ収集する

 2・リクエスト図書は、検討のうえ、要求を満たせるよう収集する。

 3・地域資料および地域性に合致する資料は重点的に収集する。

 4・参考業務の処理に必要な図書類は努めて新しい資料を収集する。

 5・全集、双書、全書などは、内容を検討し、収集する。

 6・次のものは収集から除外する。

  ア.不健全または低俗のもので、資料価値に貧しいもの。

イ.図書館資料として不適当を思われるもの。

(2)児童書、絵本、紙芝居

 幼児から中学生前期までを対象とし、読書のよろこびと興味を与える図書および知識を高め、情操を養い、豊かな人間を培うための図書を収集する。

 ◎次のものは厳選して収集する。

   全集、シリーズもの、翻訳もの、学習参考書、マンガ。

4.図書以外の資料収集方針

(1)逐次刊行物

 1・雑誌

  利用の形態と地域の必要性を考慮し、収集する。

 2・新聞

  ア.中央紙、地方紙、その他の新聞の中から選定収集する。

  イ.地域資料となる地方紙は重点的に収集する。

問い合わせ先 訓子府町図書館 
  住所   〒099-1433 訓子府町仲町42番地
  電話   0157-47-2700
  FAX   0157-47-3015
  メール   library@town.kunneppu.hokkaido.jp