特定事業主行動計画 

 平成15年7月、急速な少子化の進行を食い止め、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ育成することができる環境の整備を図るため、「次世代育成支援対策推進法」が定められました。

 この法律に基づき、訓子府町においても、ひとつの事業主の立場から「訓子府町特定事業主行動計画」を作成し、平成17年度から平成26年度まで取り組みを進めてきましたが、次世代育成支援対策推進法の改正により、法の期限が平成37年3月まで延長されました。

 また、平成27年8月、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が成立しました。

 女性活躍推進法は、自らの意志によって働き又は働こうとするすべての女性の活躍を迅速かつ重点的に推進し、その結果として男女の人権が尊重され、豊かで活力ある社会を実現することを目的としています。

 さらに、その実効性を高めるため、女性の活躍の場の提供主体である事業主に対し、女性の活躍に関する状況の把握や課題の分析、行動計画の策定、情報公開の義務付け等を規定しています。

 これらの法律が成立したことを踏まえ、本町においても「第2次訓子府町特定事業主行動計画」を定め、これまでの計画を継続し、新たな課題に対しても取り組むこととしました。

特定事業主行動計画 (319KB)

 女性活躍推進法及び特定事業主行動計画に基づく公表 (64KB)(平成29年6月20日公表)

カテゴリ名