ようこそ、訓子府町へ

  訓子府町は、北見市の南西に位置しており、オホーツク海に注ぐ常呂川が町の中央を西から東へ流れています。常呂川の流れに沿うようにして肥沃な大地が広がり、盆地特有の寒暖差のある気候も相まって多様な農業形態が発展しました。畑作・酪農が盛んで栽培品目は多岐にわたり、訓子府町は北海道農業の縮図といわれています。タマネギの生産量は全国屈指となり、町内の北見農業試験場ではジャガイモの新品種スノーマーチを開発、訓子府メロンも特産品として知られるようになりました。たくさんの農産物を生み出す訓子府の大地は、人々の暮らしを穏やかで豊かのものにしてくれます。
 町内には、スーパーやコンビニのほか、薬店や書店、文具店、金物店などの商店が数多くあり、普段の生活に不便はありません。また、10万人都市である北見市に隣接し、車で20分ほどで移動することができます。平成27年には「十勝オホーツク自動車道」が開通し、近隣市町や女満別空港などへの移動がさらに快適になりました。
 豊かな自然に恵まれ、人々の温かい交流があり、誰もが安心して住み続けられるまち「くんねっぷ」でゆったりと過ごしてみませんか。

 

訓子府町の概要

 ・位置と地勢
 ・交通アクセス
 ・人口
 ・産業、観光

 

誰もが安心して暮らせるまち

  一人一人の健康管理意識を向上させ、住み慣れた場所で安心して過ごせるよう健やかで生き生きと暮らせるまちづくりをめざ
 しています。

子育て

  安心して子どもを産み育てることができ、健やかに成長できる環境を整え、保育サービスや検診、子育てをする親同士の仲間
 づくり、父親の積極的な子育て参加促進などを行っています。

 ・検診、健診
 ・予防接種
 ・各種教室、相談
 ・各種助成
 ・認定こども園「わくわく園」
 ・子育て支援センター「ひだまり」
 ・児童センター「ゆめゆめ館」

福祉

  高齢者や障がいのある方など誰もが住み慣れた地域で暮らしやすいまちづくりを進めるため、各種支援サービスや障がい福祉
 サービスなどの充実を図るほか、医療保険制度の適正な運用に努めるなど地域福祉の充実を進めています。

 ・高齢者福祉
 ・障がい者福祉
 ・介護保険
 ・地域包括支援センター

 

地域に開かれた教育環境

  次世代を担う子どもたちはもちろん、大人も高齢者も生涯にわたって学習できるよう充実した教育設備と環境を整えていま
 す。

学校教育

  学校教育の基本目標である「自ら学び、考え、行動する力を育てる」を掲げ、次世代を担う子どもたちが、確かな学力を身
 につけ、心豊かに支え合い、学校・家庭・地域の連携や交流を図りながら「生きる力」を育みます。

 ・訓子府小学校(住所:訓子府町仲町65番地 電話:47-2011 Fax:47-2036)
 ・居武士小学校(住所:訓子府町字大谷5番地 電話:47-3160 Fax:47-3640)
 ・訓子府中学校(住所:訓子府町東町410番地 電話:47-2185 Fax:47-2728)
 ・訓子府高等学校(住所:訓子府町東幸町157番地 電話:47-2400 Fax:47-2400)

 

便利で快適な暮らし

  豊かな自然に恵まれ、人々の温かい交流があり、誰もが住み続けられる住環境があります。

趣 味

観 光

イベント

住まいの情報

申請・届け出

交通・広報・パンフレット・町勢要覧など

 

■移住に興味のある方は、企画財政課企画係にお問い合わせください。

 

 

問い合わせ先 訓子府町企画財政課企画係
  住所   〒099-1498 訓子府町東町398番地
  電話   0157-47-2115
  FAX   0157-47-2600
  メール   kikaku@town.kunneppu.hokkaido.jp