訓子府町酪農・肉用牛生産近代化計画の策定

酪農・肉用牛生産近代化計画とは

酪農及び肉用牛生産の進行に関する法律(昭和29年法律第182号)に基づき、今後10年間の酪農及び肉用牛生産に係る計画を策定したものが『酪農・肉用牛生産近代化計画』です。いわゆる、本町における酪農・肉用牛生産の課題と目標です。

近年の情勢、担い手の育成と労働負担の軽減、飼養頭数の減少への対応、国産飼料生産基盤の確立、家畜衛生対策及び畜産環境対策の充実・強化、畜産クラスターの取組等による地域の活性化についての方針を策定し、生産基盤強化及び収益力強化を図り、本町の酪農・畜産の持続的な発展を目指します。

 

訓子府町酪農・肉用牛生産近代化計画の公表について

平成28年5月26日付けオ農務第913号にて、北海道知事より計画内容について異存ない旨の回答がありましたので、「酪農・肉用牛生産近代化計画作成要領」(昭和58年11月30日付け58畜A第3777号農林水産省畜産局長通知)及び酪農及び肉用牛生産の進行に関する法律(昭和29年法律第182号)に基づき、次のとおり公表いたします。

訓子府町酪農・肉用牛生産近代化計画 (714KB)

 


                                                 

問い合わせ先 訓子府町農林商工課畜産係
  住所   〒099-1498 訓子府町東町398番地
  電話   0157-47-2116
  FAX   0157-47-2600
  メール   nourinsyoukou@town.kunneppu.hokkaido.jp