図書館条例・規則

訓子府町図書館 図書の除架・除籍基準


(昭和61年4月1日制定)

1.目的

 この基準は、訓子府町図書館(以下「図書館」という。)の蔵書の構成について、利用の効率化と管理の適正化を図るため、図書の除架と除籍に関する事項を定めるものである。

2.除架

(1)開架書架のスペースに限度があることと、魅力ある書架づくりをすすめるため、開架書架から図書を除架し、書庫に保管する。

 除架は、開架書架の収容能力と利用の実態等に即して適宜行う。

(2)図書の除架は次の各項目に基づいて行う。

 ア)除籍対象の図書。

 イ)年鑑、白書類で最新版以外のもの。

 ウ)不用な複本。

 エ)5年間貸し出しされなかった図書のうち、参考調査にも用いられず、基本図書としての位置づけがないもの。

 オ)内容が時代遅れになったもの。

 カ)10年以上経過して、価値の薄れたベストセラーもの。

 キ)地域社会がほとんど興味を持たない図書。

 ク)資料価値に富んでいるが、利用度が少ない個人全集、全書類のうち、全てを配架する必要がない場合は、代表的な図書群を除いて、除架・配架を繰り返しながら利用に供する。

3.除籍

(1)図書の除籍は次の各項に基づいて行う。

 ア)汚損または破損がはなはだしく、修理不能および補修価値のないもの。

 イ)利用頻度が低く、類似図書の入手が可能で、保存の必要がないもの。

 ウ)内容が古くなったり、貧しくなったもの。

 エ)複本のうち、今後あまり利用が望めないもの。

 オ)地域社会がほとんど興味を持たない余剰図書。

 カ)不慮の事故等ために、現品弁償不能、または回収不能のもの。

 キ)蔵書点検により、2回以上の所在不明なもの。

(2)除籍の対象としないもの。

 ア)地域資料で複本がないもの。

 イ)入手が困難で、資料的価値の高いもの。

4.除籍の決定

 除籍の決定は、図書館処務規定第7条第1項の定めに基づいて行う。

問い合わせ先 訓子府町図書館 
  住所   〒099-1433 訓子府町仲町42番地
  電話   0157-47-2700
  FAX   0157-47-3015
  メール   library@town.kunneppu.hokkaido.jp